2016年04月20日

ヒューマンシリシアで派遣社員として働いた体験

正社員の就職が決まらない中で、就職浪人をしながら仕事を行う為にヒューマンリソシアという派遣会社に登録しました。ヒューマンリソシアに登録した理由は、求人誌に沢山の仕事が紹介されていて、自分に合った仕事がいくつか求人誌に掲載されていたからです。働く前は時々テレビのコマーシャルで会社の事がよく宣伝されていて、現場で働いているスタッフのやりがいや明るさが好印象でした。労働環境などを鑑みながら、将来的に就職した前の経験を積めると考えて登録しました。むやみに正社員として就職するよりも、派遣会社を介して働きながら適職を見つけて、将来的には即戦力として正社員に就職できれば良いと思って派遣会社の社員から仕事を始めようと思いました。ヒューマンリソシアは私の知人が登録していて、担当のスタッフの対応の良さが秀逸であったり、派遣社員の中には正社員として起用された人も多かったので、知人からも良い環境で働ける事をアドバイスされて派遣のスタッフとして登録する事を決定しました。様々な仕事が紹介されているばかりではなくて、試験監督や引越し作業などの単発的な業務も多く紹介されているので、空いている時間に単発の仕事に入って副収入を得られる事も良かったので、他の派遣会社の状況を見ながら総合的にヒューマンリソシアという派遣会社に決めました。

私が派遣会社で行った仕事の内容は半導体などの部品を作る業務で、基本的に半導体などの製品を組み立てる業務に携わったり、出来上がった製品に関しての仕分け作業などの業務に携わりました。請負先は主に携帯電話などのモバイル機器を製造している会社で、スマホの部品を正規の製品として組み立てる作業を請け負っています。勤務時間は基本的に朝から夜までの10時間の実働ですが、1日中稼動していた事で業務の量に応じては残業があったり、深夜の勤務に従事させられる事もありました。
入りたての派遣社員は基本的にラインでの作業に従事する事が基本で、流れてくる製品を組み立てます。仕掛品は一定の速さで流れてくるので、流れるスピードに遅れないように迅速で正確な作業を求められます。初心者の場合は慣れていない事を考慮して、研修室で製品の製造を中心とした研修を1週間程度行って、ある程度の技量に達した事を担当者が判断したら、現場のライン作業に従事する事になります。請負先の会社は半年毎に作業に関するスキルの査定を行っていて、技能が一定に満たせば正社員として請負先で活躍する事も可能でした。ラインの作業を一定期間従事して、仕事内容をある程度網羅してくると派遣社員でも様々な業務に就く事が可能です。コンピュータなどが得意な人はパソコンで製品の図面を作成する業務に携ったり、昼間の事務職としてオフィス内で事務の作業を行ったり、製品を動かす為のオペレーターの仕事にも従事できます。

派遣会社で働き始めた時には社会保険に加入していなくて、800円の時給で契約した事によってアルバイト並みの月収しか得られなかったです。初心者は800円の時給で雇用されたが、会社は数ヶ月毎に作業のスキルなどの査定を行っていて、請負先との話し合いで一定のスキルに満たしていた場合に時給が上がります。私は作業をしっかり頑張って行って、良質な製品の製造を続けた事によって請負先の会社の担当者から褒められて、数ヶ月毎に100円ずつ時給が上がっていった事が良かったです。派遣会社に入社してから2ヵ月後には無事に社会保険に加入する事になって、成績が優秀であった為に半年後には賞与が支給されました。仕事に関して悩みや相談があった場合には、派遣会社や請負会社の社員と相談しました。病気になった場合などの休みなどの対処も迅速に行ってくれて、健康の事を配慮して定期的に健康診断を行ってくれたので、労働の環境に関しては優れているともいます。各スタッフが伸び伸びと働ける環境作りに徹底していたので、仕事を楽しみながら働けました。人間関係の形成なども良好でしたので、休憩時間などに仕事の話を行うばかりではなくて、プライベートの話などにも盛り上がりながら楽しく働けました。数ヵ月毎に派遣会社のスタッフと面談を行っていて、仕事を続けるかどうかの話し合いを行います。ヒューマンリソシアの会社では、派遣社員が仕事に適性が無いと感じたり、減産で仕事がなくなる時などでも次の仕事を確保するなどの迅速な対応を徹底しています。業務が継続できないと判断した時に他の事業所を紹介されたり、減産で請負先の会社から仕事の要請が無くなった時に適正な職種を紹介してくれた事が安心しました。働いていてイマイチであった事は、契約書に書かれている労働内容に不備な点があったり、事前の連絡をしないで急に別の事業所に転勤になった事です。働いている派遣社員との連絡や相談があまり行き届いていない事を感じた事が残念でした。

派遣会社で働く事を考える場合、基本的には待遇や仕事の多さなどを考慮してインターネットや求人誌などの媒体で自分が合っている所を選ぶ事が基本です。派遣会社に登録してもすぐに働けるとは限らないので、仕事内容やスタッフの対応などを鑑みながら対応などが秀逸な所を選びます。紹介されている業務は多いですが、適職である仕事を優先的に選ぶ事が大切です。基本的には適職である仕事を長期的に継続して行う事を心掛けて、将来的に正社員になれるように仕事に打ち込む事が大事です。適職を探す為に親身になってくれるスタッフが多く在籍している派遣会社を選ぶ事が基本です。派遣社員として登録する時に身分証明書などの書類を用意しておく事が基本ですが、様々な業務が紹介されていることを考えて、働く時にどんな仕事を行いたいのかを考えておきます。登録する時の申込書などに資格などを書く事が多いが、自分がやりたいことをアピールの欄に書いておくと派遣会社の担当者から適職を紹介されやすいです。例えば介護関連の資格を持っている場合は、介護などの専門職を紹介してもらった方が良いです。待遇などを考える事も大切ですが、あくまでも自分がやりたいと思っている適職などに関して担当のスタッフと話し合う事を優先します。

派遣会社に登録してすぐに自動車生産工場に派遣されました

1、どこの派遣会社へ登録しましたか?
テクノサービスという派遣会社に登録しました。仕事を探しているときに、新聞の折り込みチラシの中にこの派遣会社が家から近い公民館で、無料の登録会をしているとの情報がありました。とりあえず登録しておくと、何かの仕事にありつけるかもしれないと思い、登録会に参加しました。登録会には派遣会社の女性が一人だけ来ておられ、すごく感じがよかったですし、登録といっても用紙に名前や住所などの事項を書くだけだったので、すぐに用紙に書き込み登録しました。その場で、ある程度どんな仕事を紹介できるのかも説明してくれました。私の条件としては、家から20分程度で通勤できることと、残業の少ないところでした。すぐにいくつかピックアップしてくれたので、この派遣会社に登録しているとすぐに仕事ができるなと確信しました。あとで確認するとテクノサービスは全国的な派遣会社だったので安心できました。

2、どのようなお仕事をされましたか?
某有名自動車メーカーの生産工場の仕事を紹介されました。期間は6か月で時給は1700円でした。まず1週間の研修があり、その研修で合格した人だけが仕事をすることができました。ちなみにその研修期間も時給1700円できちんと給料が支払われていました。研修では筆記試験と実技試験があり、筆記試験は不合格になっても再試験を受けることができ、誰でも必ず合格できるようになっていました。しかし実技試験はかなり厳格で3人に一人くらいの割合で不合格者がいました。私は幸い合格することができ、生産工場の部品供給の仕事に就くことができました。仕事内容としては、自動車を生産しているレーンの棚にどんどん必要な部品を供給していくというものです。部品は台車に乗せられているので、5つか6つの台車を引きながらレーンを回り部品を供給していきます。部品の種類が多いので、最初の1週間くらいはベテランの社員さんと一緒に回り指導してもらいます。その後は一人で回るのですが、慣れるまではたいへんでした。特にたいへんなのは一周を20分で回ることが求められていたことでした。その時間内に回らないと部品が足りなくなってレーンが止まってしまうことになります。毎日計画的に生産しているので、部品供給が遅れてレーンがストップすると、その分残業しなければならなくなったりして、かなりの損失になります。そのプレッシャーとの闘いでした。もちろん最初から20分で回ることはできません。私の場合、一周35分もかかってしまうこともありました。そんなときは社員さんが助っ人として助けてくれるのでレーンが止まることはないのですが、社員からはかなり文句を言われました。また、部品は似ているものが多く気を付けていても、間違って別の棚に入れてしまうということが生じます。そんな時は、社員さんからかなり厳しい言葉で怒られました。一つ一つの部品は、重量的に軽いのですが、長時間作業しているとかなり腕に負担がかかってきて辛かったです。

3、派遣で働いてよかったこと、イマイチだったこと
派遣に登録してから、健康診断を無料でしてくれたり、説明会で質疑応答がありいろんな疑問に答えてくれたので、安心して働くことができました。
派遣で働いてよかったのは、派遣会社の担当者がやさしくいろいろと気遣いを示してくれることです。仕事を初めて慣れるまでは、精神的にも肉体的にも非常に辛かったのですが、毎日現場に足を運んで、「どうですか?慣れましたか?何か問題はないですか?」と声をかけてくれるので、すごく励みになりました。派遣で働いていると、工場の社員さんと仲良く打ち解けることは難しいです。どうしても派遣社員は現場で孤立してしまい、話し相手もいないということになりがちですが、担当者は話し相手になってくれるのでよかったです。また現場で社員に厳しいことを言われたり、何か問題があったときにも、担当者に伝えておけば何とかしてくれるのでよかったです。また宿舎の手配や通勤バスの手配など至れり尽くせりで、仕事に集中することができるのも派遣のいいところだと思います。また私の派遣先には数名の派遣社員がいたので、休憩時間などにちょっと仕事や社員に対する不平不満を言い合ったりして、すっきりすることができてよかったです。イマイチだと思えたのは、工場の中でも派遣社員は異質な存在なのか、なかなか社員さんに受けいれてもらえないことです。またたまたまだったのか分からないですが、私の派遣先の工場の場合、派遣社員の担当している仕事が社員さんの仕事に比べてかなり体力的にも負担の多いものだったと感じています。しんどい仕事は派遣社員にやらせればいいという考えがあるのではと疑ってしまうほどでした。また派遣の場合、当然ですが派遣会社が中間マージンを取っているので、工場が支払っている分すべてが手元に入ってくるわけではありません。直接工場に雇ってもらえるといいなという考えがずっと頭の中にあり、給料面での不満を抱え続けることになるのも、イマイチだなと思いました。

4、これから派遣でお仕事される方へアドバイス
派遣会社といっても、得意としている分野が異なります。事務仕事を主に紹介できる派遣会社もあれば、工場での仕事を紹介している派遣会社もあります。なので、まず自分はどんな仕事がしたいのか、どんな仕事ができるのかをよく考えてから派遣会社を選ぶことができると思います。また派遣会社が紹介してくれる仕事には、必ず契約期間があります。3か月とか6か月というのが多いですが、必ず契約期間はしっかり勤め上げるようにしたほうがいいです。仕事が辛いとか、思っていたのと違うということで途中でやめる人が多いと聞いています。派遣会社の人も、そんなことには慣れていますが、途中でやめると次の仕事を紹介してもらいにくなるので、契約期間満了まではなんとか頑張ったほうがいいです。どうしても我慢できずに途中で辞めたいときには、急に辞めるのではなくて2週間くらい前に担当者に伝えておくべきです。この点に関しては派遣会社によって決まりがあるので、しっかり守りましょう。

マンパワーの派遣体験談

1、どこの派遣会社へ登録しましたか?

派遣会社は数社登録しましたが、長く続いたのがマンパワーでした。マンパワーは比較的大手の派遣会社ですし、雇用条件もある程度しっかりとしていると評判だったので、マンパワーに登録をすることになりました。
そして、私は金欠で困っていたことから、月に2回お給料日のあるマンパワーにしました。日雇いや日払いだとお給料が安くなる派遣会社も多かったので、月に2回お給料日のあるマンパワーにしましたね。


2、どのようなお仕事をされましたか?

マンパワーから派遣されて働いた会社は倉庫での軽作業でした。部品の検品作業やピッキング作業・運搬作業などがメインで体力もそこそこ必要とする仕事です。派遣先はある程度キレイな会社でしたし、空調なども完備されていたために、そのような面では働きやすかったのがよかったですね。部品は電子部品などを扱う細かな物が多く、慎重に商品を扱う必要性がありました。


3、派遣で働いていてよかったこと、イマイチだったこと

派遣の仕事をしている方々もたくさんいると思いますが、やはり、派遣会社を利用するメリットもいくつかあります。派遣会社に登録して働くことで、他の直接バイトなどと違って月に数回お給料が入るという場合が多い部分です。
普通の会社であれば、月に一回しかお給料日はありませんが、派遣会社であれば、日払いや週払い・隔週払いなどもあり、派遣会社で働くことで、金欠をある程度は解消することができます。すぐにお金が必要な場合や、働いた分をできるだけ早く受け取りたいという方には、派遣会社はおすすめかもしれません。私も派遣会社でたくさん勤務してきましたが、月に複数回お給料日があったので、そういう部分ではすごく助かりましたし、嬉しかったですね。
急な出費が重なったときに助かりました。そして、月払いが長く感じていたので、月に複数回お給料日があるので便利でした。

しかし、もちろん派遣会社で働くことにはいくつかのデメリットがあります。それは、まず雇用がかなり不安定だということです。いつ契約切りに遭うかわかりませんし、派遣会社に報告などの電話をしなければいけないこともたくさんあり、様々な煩わしさもあります。派遣社員は相当立場が弱く、すぐに打ち切りになってしまったり、低賃金で働かせられるなどあり、マイナスになるような部分も多数あります。
派遣会社によってはよく給料の計算も間違えますし、振り込み手数料などの不明な控除がいくつもあり、納得できない控除があるのです。そのような点ではすごくデメリットが大きいですし、ブラックな派遣会社に登録して勤務したときは、かなり待遇が悪くて悲惨でした。
それでも、マンパワーはそういうことはありませんでしたし、比較的優良な派遣会社だったので、派遣会社を探している人にはおすすめかもしれません。
派遣会社には一長一短あり、良い悪いは当然人によってかなり変わってくると思います。それでも、派遣のほうが働きやすいという人もいたり、すぐにお金をもらえるという点においては、派遣社員という働き方もいいのではないでしょうか。


4、これから派遣でお仕事をされる方へアドバイス

派遣会社選びはかなり慎重になったほうがいいと思います。その理由として、派遣会社によって全く待遇が違うからです。最近ではブラック企業という言葉をたくさん聞くようになりましたが、派遣会社はそのようなブラック会社も多くあるので、派遣会社選びに失敗してしまうと、おそらく劣悪な環境のもとで勤務しなければならなくなってしまうのです。当然、ブラックな派遣会社は嫌ですし、長く続けて働けないと思うので、なるべくは、口コミや様々な掲示板などで派遣会社の評判や情報を得ておいてください。
中にはすごくいい派遣会社もあれば、ブラックな要素がいくつもある派遣会社もあるので、そこは注意が必要ではないでしょうか。私もこれまでにたくさんの派遣会社に登録をして働いてきたのですが、ピンハネが相当ひどい派遣会社もあったり、お給料のごまかしや計算ミスなどの多い派遣会社もありました。

そのようなブラックな派遣会社にはできる限り登録をしないようにしたほうがいいでしょう。世の中にはかなりのブラック会社もあるので、派遣会社選びもある程度は慎重に行う必要があると思いますね。もちろん、派遣会社の中にはすごくステキないい会社もあるので、そういうステキな派遣会社に登録して働けるように探していきましょう。
派遣社員という働き方をしている方々もたくさんいるので、正規社員になれなかった人や、ご自身の働きやすいスタイルで働くのもいいのではないでしょうか。派遣会社でもすごく待遇のいい会社はあるので、そのような派遣会社だと正社員並みに稼ぐことができると思います。

決して景気のいい時代ではないので、当然、派遣社員という働き方になってしまったという人々もも少なくありません。正社員だけが全てではないですし、派遣会社に登録をして派遣社員という形でも悪くはないのではないでしょうか。派遣は気を遣うことであったり、理不尽なことを言われてしまうこともしばしばありますが、それでも派遣社員にはメリットもありますし、派遣のお仕事に興味のある人であれば、ネットなどでたくさんの派遣会社について調べてみてください。
派遣社員であっても、やるべきことや要求されることも多いために、むしろ正社員以上に働かせられるケースも多々あると思います。私も正社員以上に働いていたことも大かったですし、派遣社員も立派なお仕事だと思います。

正社員に比べるとかなり待遇や環境が悪い場合がほとんどですが、それでも派遣社員という働き方もアリでしょう。派遣に登録をするのは面倒かもしれませんが、どこかお仕事を紹介してもらえる可能性も高いので、派遣会社を利用するのも一つの手ではないでしょうか。ネットでもそこまで評判の悪くない派遣会社に登録をし、なるべくならちょっとでも待遇のいい派遣会社で働いてください。
派遣でも時給の高い会社もたくさんありますし、正社員と同じくらいの収入になる可能性も十分に考えられます。派遣はこき使われることも多く、理不尽な要求をされることも多いですが、もちろんいいこともあるので、何かモチベーションになるようなことを見つけ、派遣会社で働いてみるのもいいのではないでしょうか。
私の派遣社員として働いてよかったと思えましたし、ステキなこともたくさんあったので、悪くはないと思いますね。

派遣社員は良いところなし

私は派遣社員として、4年間働いています。
4年間といってもその間にいろんな会社に勤めています。
また、派遣会社も3社乗り換えています。
登録していた派遣会社は、リンクマーケティング、スタッフサービスメディカル、ヒューマントラストの3社です。
まず、リンクマーケティングに登録した理由は働きたいと思った販売会社の募集をしていた会社だったからです。
ここで派遣された会社は三越本店に入っているヘアアクセサリーの販売員でした。
仕事内容は正社員と変わらず、残業もしていましたし、時間外ミーティングにも出ていました。
販売員にはなくてはならないヘアアクセサリーも購入しました。
購入する割引率は正社員とは違い、派遣社員は少し高かったのです。
イマイチだったのは、時間外ミーティングは正社員の方はお金が出ますが、私はお金をもらえないのと社割が効かなかったこと、
派遣社員ではほとんどですが、交通費が出ないというところです。
その割に時間外ミーティングが週1ペース2時間もあり、社割も買わないと売れないのでお金の面では
働いているのにお金があまりもらえないというところに不満を感じました。
また、派遣社員から正社員になりたいと思い、もともと6カ月後は正社員の契約だったのにも関わらず、
昇格してくれない面で更新をせずに退職を決めました。
派遣先の上の人からは辞めることをかなり止められましたが、昇格はできないと言われました。
特に勤務態度が悪いわけでも、販売実績が悪いわけでもないが、ただ単純に正社員を持つことができないと言われました。
そこで派遣会社の担当の方からも言ってもらいましたが、頼りにならず・・・同時にこの派遣会社も退社しました。
2社目の派遣会社のスタッフサービスメディカルでは医療事務がやりたいと思い登録しました。
派遣会社を探しているときに、お母さんからスタッフサービスが派遣社員からの評判も良く、また派遣として働くには良いんじゃないかと言われ、
スタッフサービスと同じ会社であるスタッフサービスメディカルに登録しました。
当時は、手に職を持ち一人でも長く安定して働いていけるようにと考え、医療事務の資格を取り病院にて勤務しました。
評判通り、派遣の営業さんの対応もよく、また、大手の大学病院にて働くことができました。
順天堂医院でしたが、なかなか派遣以外で入るのは難しいのではと思います。
このようなところで、派遣社員のメリットを感じます。
ですが、ここでも不満がたまりました。
派遣社員は弱い立場にいるので、主任から与えられた無理やりな仕事も受けることになり、
いつも定時で帰れていたのに毎日どんなに頑張っても2時間の残業をすることになってしまいました。
そもそも、その仕事が正社員のさぼり常習犯がいて、その人が残業代欲しさに無駄に残業していることから、
主任はそんなことにも気づかなくて、定時で帰っている私の仕事が楽なのではと言ってきて、
その無駄に残業したい人の仕事量を私にふってきました。
私はいつも定時で帰れるように毎日必死に時間内に終わるように仕事をしていたのにも関わらず。
そんなことも主任は見ていないのです。とても理不尽に思いました。
こんなことが当たり前のように派遣社員には与えられているのです。
どんなに頑張って仕事をしていても、決して評価はされません。
もちろんですが、交通費はでないですし、契約時に聞いていない残業が月末と月の中旬に一週間ほどありました。
その残業が、23時まで強制的にあり、他の派遣で医療事務で働いている友達にこのことを話したら、
派遣だからってことで残業しないで帰ってるよ!と言われ・・・派遣って普通良いとこどりだからね〜なんて言われ
まさか私って損しているのかも!と思い2年ほど働いて身体が壊れてしまいましたので退職しました。
3社目の派遣会社はヒューマントラストで、まだ若いので今のうちにできる仕事がしたいと思い受付の仕事を探しました。
表参道にある結婚式場の受付の仕事でした。
ここでの不満は特になく、まぁ交通費は出ませんでしたが・・・
ですが人がみんな優しく、仲も良くて毎日がとても楽しかったです。
派遣社員だからと何か馬鹿にされることもないですし、どこも悪いところはなかったのです。
長く続けて直雇用にできますよと、派遣先の方にも言われてましたから仕事にも熱が入りました。
そんなある日のことでした。いきなり「2016年10月31日で閉館します。」と言われました。
私は信じられず、戸惑っていましたが、直雇用のみんなは次の仕事先を保証されていました。
ホテルオークラが経営する青山ダイヤモンドホールでしたので、直雇用の方達はどこかのホテルで働くことになるようです。
私は派遣社員でしたので、また派遣会社からお仕事を紹介してもらわないといけないのがとても辛かったです。
そこから、派遣会社に今すぐにでも転職したいと伝えました。
何も問題のない職場でしたが、すぐにでも転職したいと思った理由は、11月からできる仕事ってあまりないのです。
仕事ぼ募集が少ないので、不安がありましたから3月末で仕事を辞めて、4月からスタートできる仕事を探してもらいました。
そして今に至りますが、今の仕事は同じ派遣会社のヒューマントラストで紹介してもらいました。
ここは同じ勤務地の表参道で、老舗の建設会社、3月に建てたばかりの新築自社ビルでの勤務でした。
仕事内容は総務事務でした。
ここでは不満ばかりで4月末に更新しないで退職しようと考えています。
理由は派遣社員だからとたくさん馬鹿にされたことです。
年下の正社員の子にこれだから派遣社員さんって使えないのよねとか、
派遣社員は会社に置いてある備品、お茶などは飲んじゃダメ、休憩もみんなより短く取って机の整理してとか。
このようにここまで派遣社員だからと軽蔑、差別されたことがなかったので驚きました。
部長などにも、同じ派遣社員にも相談しましたが、そんなことはこの会社ではないと言われてしまい何にも解決になりませんでした。
派遣会社にも相談していますが、何にも解決しないので職場に行くたびにストレスになってしまい、
ノイローゼになってしまいました。
早く辞めたいです。
次は正社員で勤務したいと思います。